ABKAIを観劇して(6/23)

ABKAI夜の部行ってきました。

海老蔵さんの会見を見た後だったので、舞台は楽しみだけれど複雑な気持ちでした。

会場はしんみりしてるのかなと思っていたけれど、それよりも笑いや拍手が多く、みんな温かい気持ちに包まれていました。

父親として、座長として、気丈に振る舞いながら、マスコミ対応にも追われ、心は悲鳴をあげていると思うなかでの公演。しかしそういうことを感じさせず、圧巻の舞台でした。



一回見たきりで何が分かるのかと言えば答えられないけれど、歌舞伎の楽しさ面白さは確かに感じることができました。

テレビで見るのとは全く違い、ステージの上にいるだけなのに見得を切る時にとても迫力を感じました。うまく言葉にはできないけれど「これが歌舞伎か!」と言った感動。

この公演は多ジャンルでエンターテイメント性の富んだものであり、実際の歌舞伎とはまた少し違った様子ではあっただろうけれど、歌舞伎に興味を持ちました。

台詞も今までは何を言っているのかよく分からず、注意して聞いたことはあまりなかったけれど、よく聞いてみると分かるところが多くありました。客席が笑っている時に笑えなかった時はもっと勉強が必要だと思いました(笑)

これから歌舞伎にどっぷり浸かる、という訳ではないけれど、また歌舞伎を見てみたいです。




そしてそして優馬くん!

ワイドショーで姿を見ていたけれど、実際に見て、通路に何度も登場して真近で見て、お化粧した顔がいつにも増して美人でした。正面も横顔もどこから見ても綺麗で、近くに来た時は心臓のバクバクが止まりませんでした(笑)

海老蔵さんから賞賛を得ていたように、あの錚々たる出演者の中にいても違和感が全くありませんでした。キレのある動きは本業のダンスが活かされており、海老蔵さんと息のあった動きも素晴らしかったです。

昨年のミュージカルに続き歌舞伎と、新しいことに挑戦していく優馬くん、飲み込みが早くて完璧にこなせてしまうのは生まれ持った才能なのかな。本人は完璧だとは思ってないかもしれないけれど。

かっこよくて、美しくて、最後のカーテンコール(?)は可愛らしくて、優馬くんの魅力が一段と増しました(^^)



客席通路も使った演出で、笑いもあり、本当に楽しい舞台でした。

普段の様子は分からないけれど、最後はスタンディングオベーションで、何度も幕を開けてくださり、演者、客席、共に一体感のある感動的な終わり方でした。素敵なカンパニーです。




初めて歌舞伎を生で見て、もちろんABKAIも初めてで、この公演一回きりで、

正直、朝ブログを知った時は休演かな、と少し残念に思いつつも休んで欲しい思いでいました。しかし昼も夜も舞台に立って下さり、

"どんな事があろうと、舞台。

役者になるとはそういう事なのかもしれません。"

という言葉通り、

本当に強い方だなと思いました。

「絶景かな」どんな気持ちだったでしょう。

麻央さんを近くに感じていたかもしれませんね。


幕を上げてくださり

本当に本当にありがとうございました。

そして麻央さん、心よりご冥福をお祈りいたします。



f:id:pineapple826:20170623214223j:plain