読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリステ感想(4/16)

関西ジャニーズJr.と松竹コラボ映画第三弾の「目指せ♪ドリームステージ!」


 西畑大吾くん主演の映画である。西畑くん演じる水上風太は地元アイドルグループ"小姓ズ"のアイドルオーディションに応募して入った新人。今回主演に抜擢され、映画冒頭オーディション会場にやってきた風太の姿は「京都太秦行進曲!」に出演していた重岡くんと姿が重なる印象を受けた。
しかし主演とは言いつつも、小姓ズのセンターでリーダーであるのは次郎役の文一くん、また終盤で刀を受け取り持っていたのは翔吉役の康二くん と、それぞれが主役でありセンターであるのは今の関西Jr.そのものを撮しているようにも思えた。
康二くん演じる翔吉は、グループの中でも真面目なキャラで、率先してボケないところが普段の康二くんとは違ったものの、稽古場から帰宅するシーンではいつもハットにサングラスで鞄はジャニ持ちと、売れてないのに…と思わせる細かなボケは康二くんならではと思った。
またグループを抜け、1人黙々と自主練に励む姿は本当にかっこよかった。風太と殴り合いのシーンでは新鮮味を感じつつも、お互いに気持ちをぶつける姿に感動した。そう、康二くんはかっこいいのだ。(2回目)



次郎役の文一くんは登場早々二日酔いのシーンで、浴衣がはだけ見えてしまわないかと際どいところは浜中担がヒヤヒヤするところではないだろうか。だがそんな二日酔いのシーンを"勘でやった"と言うところは文一くんらしいと思った。また撮影期間中は小姓ズの5人でいることが多く、年齢差がありノリについて行けなかったと話しているが、確かにまとめてくれる人もおらず、龍太くんがいたら違ったのかなとも思った。またエンディングでは文一くんもメインで主題歌「Dream Catcher」を歌っていたが、メインで歌っているのを初めて聞き、歌の上手さに驚き、その面では持っていかれたと感じた(笑)
次郎と言えば熱烈ファンのアカリさん。元ホストということで、その頃のお客さんが今でも次郎を応援し続け、とにかく次郎一筋なところは見習いたいとさえ思った(笑)どの現場にも駆け付け、同担には「目があるわね!」他のメンバーを見ている人には「どこ見てるの⁉︎次郎ちゃんでしょ!」と言う姿は、言うならば一揆を起こす類のJr.古株ファンのようだと思った。

そして、撮影所のスタッフ兼小姓ズマネージャー橋口役の龍太くん。本来ならば小姓ズ側であるところ、マネージャーという立場でメンバーを叱咤したりツッコミ入れたりしながらも見守る姿は普段の龍太くんに近いと感じた。終始スーツを着ていた龍太くんは脚がスラッとしていて長くて(スーツ姿厨の私としては)たまらなかった!!

その他「み〜んなが我らのお殿様!お仕えいたす!」の決め台詞や「粗茶で〜〜す♡」などとにかく可愛かった流星くん。登場早々足を組み偉そうな様子(面白かった)で、プライドの高い和正役の赤名くんは、今回抜擢されただけあってこれからが期待される新鋭であるとつくづく感じた。
(なんかまとめてごめん!)

そしてそして優馬くん!!
元小姓ズメンバーであったがミュージカル俳優を目指し、今では華やかなステージに立っている成瀬役。次郎とはずっと仲が悪く終始クールな成瀬もかっこよかったけど笑顔も見たかったところが本音(>_<)だけれど、文一くんと優馬くんの共演が新鮮で、最終的には仲直りができた場面は大人の和解を感じてほっこりした。

あとは丈リチャ和也!
出てきただけで一言も発していないのに爆笑取れちゃうリチャはずるいね!
3人とも出演時間こそ短かったものの印象は残せていたと思う。よかった!


もう感想書くの飽きてきてしまったけど総括すると、映画と現実もアイドルとしては同じなわけで、フィクションではあるけれど、それぞれが同じ気持ちを持てるのではないかと思ったこと。グループ内での気持ちのモチベーションの違いや、進路のことなど、実際に本人たちも経験してきた、またはこれから経験するのではないか。その中でも応援してくれる人、支えてくれる人はいるわけで、1人じゃないことをこの映画は教えてくれたのではないかと思った。
私が感動したシーンはみんながバラバラになってしまいそうになった時、それでも周りの支えに気づき、また気持ちが1つになろうとした場面。雨の中佇む次郎や、ゴミ捨ての中から看板を戻す橋口の姿が感動的だった。泣いた。結構泣いた。

でもなんといっても私がボロ泣きしたのはエンディング!最初は京都の観光PR映像かと思ったけど途中からカラフルなキラキラした衣装を纏って松竹座に立っている姿を見た時の感動たるや何や…( ;  ; )知ってたけど!パンフ見て分かってたけど!実際に歌って踊ってるの見るとね…、映画見た後だと余計にね…。
このエンディングの為だけに映画館まで行く価値はあると言い切る!私はね。
一度…とは言わず二度三度と見たい。
もちろん笑いもたくさんあるよ〜〜関西ならではの小ボケみたいなんいっぱいあるよ〜〜
Dream Catcherの2番がとにかく好きだから聴きたかったら映画見るしかないねん。

ドリームステージとは松竹座だ!!
f:id:pineapple826:20160417065501j:image








*1:もう何書いたか分からないけどまたいつか思い出した時の覚書としてのブログでした。